4つのステップで、挑戦しよう!

エントリーに必要なのは、140字の熱い想い。
試してみたいアイデアや解決したい社会の課題など、3ヵ月で小さくても事業になるまでを支援します。
挑戦してみたいことを、まず言葉にしてみることから始めてみませんか?

STEP1:知る

まずはどんなプログラムか、知るところから始めよう。

moctecoは具体的なビジネスプランがなくても、あなたの想いを大切にしています。

まずはmoctecoがどんなプログラムなのか知ることから、挑戦への小さな一歩を踏み出しましょう。

  • Point 1 「moctecoについて」をみてみる
    起業や創業をサポートするプログラムは色々とありますが具体的な特徴、サポートの内容、運営している団体やメンターについてご紹介します。

  • Point 2 「過去のmocteco」をみてみる
    2018年10月にスタートしたmocteco。
    第1期生の取り組みや前回のイベントの様子を知ることができます。

STEP2:知ってもらう

あなたの好きなこと、やりたいこと、気にかけていることを教えてください。

「もっと詳しく話を聞いてみたい」
「エントリーしてみたい」
「こんな内容でも大丈夫なのかな」

moctecoは具体的なプランがあってもなくてもエントリーすることが可能です。

  • Point 1 コーディネーターに知ってもらう
    まずはコーディネータにあなたのことを教えてください。
    お話するなかであなたのやりたいことを言語化し、ブラッシュアップして一緒にプランにまとめます。

  • Point 2 面談で知ってもらう
    話している中でプランにまとまらなければ、このタイミングでエントリーを辞退することも可能です。

    まずはあなたの想いをコーディネータに話してみませんか。

    * 面談のお申し込みはこちらから
    → mocteco 面談申し込みフォームへ

STEP3:エントリーする

ビジネスプランをプレゼンテーション。
いよいよmoctecoにエントリー!

プランがまとまってきたら、エントリーすることができます。

  • Point 1 まずは話してみる
    コーディネータと面接し、ビジネスプランをプレゼンテーションしていただきます。
    面接といっても、堅苦しいものではありません。
    あなたのプランに対する想いを聞かせてください。

  • Point 2 いよいよエントリー
    あなたのビジネスプランにGOサインがでたら、コーディネータと一緒に、はじめる前の準備を整えます。
    目的達成までの具体的なステップを策定できたら、いよいよエントリー。
    あなたのmoctecoがはじまります。

STEP4:やってみる

プロジェクトの実現に挑戦する3ヶ月間。
100円でも「価値」を生み出そう。

moctecoへの参加が決まった方は、キックオフイベントにご参加いただきます。
その日から3ヵ月、自分の事業の立ち上げに挑戦していただきます。

  • Point 1 事業への挑戦
    キックオフイベント後、活動は、基本的には自分次第。
    計画を立てたビジネスプランに沿って、目的達成まで活動します。
    その間、コーディネータが相談・サポートをします。

  • Point 2 「DEMO DAY」で発表
    最後には「DEMO DAY」で、3ヵ月取り組んできた事業と、これからのプランをプレゼンテーションしていただきます。
    学校のように、発表して終わりではありません。
    ここからが、本当のはじまりです。
    みなさんの挑戦を応援したい人たちが集まりますので、ここで新たな仲間と強力な応援者を見つけて下さい!

興味を持ったら、
まずはコーディネータと面談を。
あなたの好きなこと、やりたいこと、
気にかけていることを教えてください。

⇒  面談の申し込みフォームへ

その他のお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

⇒  お問い合わせフォームへ * moctecoを運営する、
NPO法人北海道エンブリッジのお問い合わせフォームへ
リンクします。

みなさまからの
ご寄付の応援を
お待ちしております。

moctecoはNPO法人
北海道エンブリッジが運営しており、
みなさまからのご寄付で
成り立っております。
街に若者のチャレンジが増えるために。
あたたかいご寄付の応援を
お待ちしております。

⇒  詳しくはこちら